スタッフブログ

バルコニータイルの土間「フラット化」

バルコニータイル施工について良く頂くご質問なのですが

バルコニータイルの高さをリビング床レベルと「フラット」にして欲しいとか

通常、バルコニーの土間は奥側にある側溝へ雨水が自然に流れるように

緩やかな傾斜がついています。

これを傾斜を付けずにフラット(平ら)にして欲しいとご要望を頂きます。

大変申し訳ございませんが弊社ではフラット施工を行っておりません。

主な理由は、フラット施工がマンションの管理規約違反に触れたり管理組合からの

許可が下りないなどの事が理由でございます。

フラット化にする為にはバルコニータイルの下面にフラットになる為のベースユニットを

敷き詰める必要があります。

このベースユニット上へ通常のバルコニータイルを敷き詰めます。

要するに簡易的な施工ではなくなるのです。

バルコニーは共用部分にあたり将来大規模修繕等が行われます。

その際には簡単に撤去ができるような構造で施工されていることが望ましい訳です。

その他の理由では前項で申し上げました通りバルコニー土間は側溝へ向かって

傾斜が付いております。

これをフラット化しますと手摺の高さが実質低くなってしまいます。
(土間をかさ上げしますので)

このバルコニー手摺の高さは各自治体の定める消防法で決められています。

バルコニーの土間(タイル部分)の高さを上げる事で手摺の高さが定められている

高さよりも低くなってしまった場合は管理組合により「撤去命令」が発せられる場合もございます。

当然ですが弊社のような業者の場合は咎められる場合もございます。(PL法など)

上記のような内容の為、弊社ではバルコニータイルのフラット化施工はご案内を

行っておりません。

お客様にはご購入頂きました商品を安全に末永くご使用頂けるように弊社では

努めておりますので何卒ご理解頂きます様お願い申し上げます。

日時:2013年11月 3日 10:08
バルコニータイルの土間「フラット化」

バルコニータイル、大規模修繕時には?

良く頂くお客様からのご質問です。
バルコニーは共用部分ですが区分所有者が専用に使用するところです。
なので大規模修繕などで共用部分であるバルコニーを修繕する場合は一時的に撤去するように
求められる事があります。
外壁等の修繕時にはケースにより撤去命令がある場合と養生のみで済むケースがあります。
これらはマンションの管理規約や管理組合の諸事情により異なると思います。
バルコニーの土間部分の修繕時には確実に撤去するように求められると思います。
この修繕自体が何年置きにあるかは管理規約集や直接管理組合に尋ねれば教えて頂けると思います。
新築マンションで引き渡し前いわゆる管理組合が発足前であれば売主さんに聞いてみましょう。
一般的には下記の流れでバルコニータイルを撤去するようになると思います。
(お客様自身での作業の場合)
・バルコニータイルは置き敷きで連結してありますので簡単に外す事ができます。
・剥がしたタイルはご自宅内などに仮置きするようになります。
・バルコニーの修繕完了後、基の通りにタイルを連結して敷くようになります。
※注意点は10年以上も経ちますとタイルは大丈夫でも下地の樹脂マットは経年変化により
 劣化しています。
 外す時も「ゆっくり」「優しく」作業してください。
 再施工の際に連結部分が破損しますと基通りに戻せなくなる場合がございます。
(弊社など専門業者へご依頼する場合)
・お約束した日程でお伺いしバルコニータイルを撤去いたします。
・一時的に業者がタイルを保管しタイルを清掃させて頂きます。
・バルコニーの修繕完了後、お約束の日程にて基通りに再施工までさせて頂きます。
※注意点は無償ではなく有償にて費用が発生致しますのでご理解ください。
  また受注は弊社にて施工をさせて頂きましたセキスイクレガーレのみ対応させて頂きます。
 もちろんですが、ご依頼前にお見積りを取られてください。

日時:2013年7月 4日 17:22
バルコニータイル、大規模修繕時には?

バルコニータイル施工のお見積りについて

ホームページにも記載をしておりますが弊社では表題のお見積りの際
マンションの図面集(該当タイプの平面図)に記載をしております
「バルコニー面積表記」の平米数をお伺いして積算を行っています。

その理由は、お客様が簡単にお調べでき連絡も簡単にできる事と
正式にお見積りをする際には当該図面の添付をお願いしております。

これは弊社と施工会社との取り決めにより実寸(実際に施工するサイズ)よりも
安価になる単価で積算を行う為です。

※図面も無く実際にお伺いして採寸し積算するよりも安くご提供ができます。

上記の仕様によりお伺いをせず安価に施工ができるシステムとなっています。

お伺い時には多少大目に材料をご用意するのでご安心下さい。

日時:2012年8月28日 18:24
バルコニータイル施工のお見積りについて

バルコニータイルの選定基準とは?

弊社では3社のメーカー品を取り扱っております。
とは言っても三菱樹脂のタイルテックスとINAXセライージーは
同じ商品ですので2社と言ってもいいでしょう。
もう一社はセキスイのクレガーレです。

INAXのセライージーは(オプション販売会では)最も歴史が
古く先発のメーカーです。
何度か色のバージョンアップはありますが基本的な設計は
以前のままです。

加えてセキスイクレガーレは後発メーカーであるため
設計自体も新しく以前より懸念のあった強風による
巻き上がりを考慮した商品となっています。

このあたりは両社とも同じ認識はあるものの対応は
両極端なものとなっています。

私共が言うのもなんですがINAX社は高層階への設置を
懸念しており推奨はしておりません。
同社よりダウンフォースマットやワイヤーロック等の副資材を
発売しておりますが施工後の見栄えを考えると弊社としても
お薦めはできません。

しかしセキスイクレガーレは施工基準をしっかり持っており
基準内の施工であれば積極的に高層階であってもお薦めしています。
同社の副資材である端部カバーは仕上りの見栄えも良く
しっかりしています。

最後になりますが弊社で取り扱いの無い他メーカーさんは
上記基準を満たしていない為取り扱いを行っていません。

綺麗な仕上りと安全面を両立できるメーカー品のみご案内をしております。

日時:2012年8月 2日 14:08
バルコニータイルの選定基準とは?

バルコニータイルの下は虫が湧く?

お客様がネットで検索し良く弊社へ問い合わせ質問があります。

バルコニータイルを敷くと下が汚れ虫が湧くと・・・。

まぁ汚れは多少仕方ない部分がありますが

普通、虫が湧く事はありません。

ではどのような状況下だと虫が湧き易いでしょうか。

例えばガーデニングをやっており新土ではなく残土を
使用している場合などは残土に虫が入っており
土を大量にバルコニータイル下へ投下したりすると
湧く場合があります。

また山の斜面を切り開いた面のバルコニーや
極度に湿気の多い状況下のバルコニーなど
悪条件の整ったバルコニーではある事かもしれません。

通常のマンションバルコニーであれば風通しの良い場所ですから
虫が湧く事はあまりないと考えられます。

ちなみに弊社で施工したお客様から虫が湧くなどの
報告は一度も受けた事がありません。

心配なお客様は一度ご相談頂いた方が良いかもしれません。

日時:2012年8月 1日 19:39
バルコニータイルの下は虫が湧く?

バルコニータイルのお見積りについて

ホームページにも記載しておりますがお見積りの際に
バルコニー面積表記の平米数をご記入頂いておりますが
プラス事項で「階数」もご記入頂きますと幸いです。

それはセキスイクレガーレの場合10階までは標準施工で
問題ありませんが11階以上の場合、別途強風対策工事が必要になります。
(手摺下に隙間が無い場合は15階まで標準施工で問題ありません)

強風対策工事は躯体側以外にタイル下へ空気が流れないように
端部カバーを設置致します。
このサイズを積算する必要がありますので図面集より該当タイプのみ
コピーしたものをメールの添付ファイルでお送り頂く様になります。
(FAXでも結構です)

個別にご返事するスタッフからのメールアドレスへお送り頂くようになります。

また35階以上の場合は端部カバーの他、風抜きマットの装着も必要になりますが
費用は別途発生する事はありません。
但し、デザインは少し変わります事をご承知下さい。

※野村不動産のプラウドでは専用の仕様がございますので
  詳しくはスタッフまでご相談下さい。

日時:2012年7月27日 18:12
バルコニータイルのお見積りについて |ブログトップページへ
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム
  • オーダー家具
  • エコカラット
  • カーテン関連
  • バルコニータイル
  • フロアコーティング
  • 窓フィルム
  • 内覧会
  • 連絡事項
  • 最近のご質問等
  • アウトレット
  • ホームページ関連