スタッフブログ

2013年9月2日の竜巻での災害(関東圏)

2013年9月2日に埼玉~千葉にて午後竜巻が発生し住宅等に災害が発生。

私もニュースで状況を拝見いたしましたが非常に残念な出来事でした。

現状日本の家屋では防ぎようの無いものですが最低限、自分の身を守りたいと感じました。

そこで、これから新築マンションへの入居を待ち望んでいらっしゃる方へご案内申し上げます。

100%ではありませんが窓ガラスの飛散による災害を可能な限り抑制する意味で

窓フィルムは欠かせません。

ガラスの内側に貼る飛散防止フィルムは非常に優れた機能です。

単純に貼るだけでガラスの飛散を抑制し飛散したガラスによる人身災害から身を守ります。

また二次災害である飛散したガラスによる部屋内への被害も抑制できます。

二次被害はまだあり、割れたガラスのまま入れ替えまでの期間はガラスがありませんので

セキュリティだけでなく空調も効かなくなりますね。

概ね分譲マンションの場合はサイズもオーダーサイズであったり

流行りのペア(複層)ガラス等ですと通常の納期であっても3週間前後かかります。

この期間はガラスの無い部屋で過ごすようになります。

上記の事から飛散防止窓フィルムを「全窓」へ施工されます事をお勧めいたします。

ヒビの入った状態でも生活は通常通り送れますので新品のガラス入れ替えまで

問題無く過ごせる訳です。

もちろんですが飛散防止フィルムにはUV(紫外線)カット機能も付帯しています。

詳しくはお問い合わせ(見積り)フォームからご相談ください。

日時:2013年9月 3日 17:18

« ホームページリニューアルについてクリエーターさん募集♪ブログトップページへMANAS-TEX Vol15新作発表! »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム