スタッフブログ

「ガラス」フロアコーティングとの比較

ガラスフロアコーティングが普及してきたせいか最近良く比較のお問い合わせを頂きます。
(弊社で推奨しているUVコーティングやシリコンコーティングとの比較です)

ガラスコーティングの特徴は塗膜が非常に硬く薄いです。
薄い塗膜の為、光沢も余り出ず落ち着いた仕上がりが人気です。

反面、フローリングは木質系の複合合板ですので柔らかい素材です。
そこにガラスコーティングのような硬い塗膜を形成しますと衝撃により表面塗膜が
割れてしまい剥がれる懸念があります。
また硬質塗膜とはいえ非常に薄い塗膜ですので耐衝撃性には弱いと言えましょう。
では価格面で安価なのでしょうか?
そんな事はありません。
概ね皆さん塗料メーカーが発売しているもののOEM商品を使用していますので
材料自体は安価とは言えないでしょう。

それが弊社で採用していない理由です。

ガラスコーティングと比べUVコーティングは塗膜自体は少し柔らかいですが
木質系フローリングへ施工するには丁度良い硬さなのです。
また塗膜も厚く長期的に使用する磨滅にも十分耐えられますし
表面張力により汚れの付着率も低いので簡単に掃除で汚れが落とせます。
光沢の出方ですが、これは施工するフローリングにより様々です。
UVコーティングだからテカテカになる?そんな事はありません。
水分の吸収率の高いフローリングでは思ったより光沢も上がりません。
熟練している職人の施工であればUVコーティングは現地で塗料の調合を行いますので
フローリングに合った調合で施工ができます。(センスにもよります)

十分な施工実績のある職人が施工すればUVコーティングが一番お勧めです。
但し、UVフロアコーティングは紫外線照射機(100万円くらいします)が必要になりますので
それなりの会社じゃないと持っていないと思います。
ガラスコーティングは自然乾燥タイプなのでシリコンコーティング相当の設備で
施工ができます。

特にプラウドマンションで使用されているフローリングは特に水分の吸収率が高いので
薄い塗膜が更に薄くなるようです。
(弊社のお客様から聞いた話しです)

どのコーティングを施工するかご検討中の方は是非ご相談ください。

日時:2013年7月17日 18:06

« 窓ガラスのフィルム施工とコーティングの違い?ブログトップページへコーティングが不要なフローリングではありません »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム