スタッフブログ

検査目的ではありませんが内覧会へ行ってきました

オーダー家具の採寸やお打ち合わせで内覧会へ同行してきました。
オーダーサイズで製作する家具やカーテンは現地での採寸が必須ですので
内覧会へは良く同行します。

これとは別に弊社では、お客様の内覧会検査のお手伝いの為
弊社スタッフがご一緒して検査を行う業務もございます。

傷や汚れの指摘とは違い建築レベルの指摘を主に行う検査です。
但し、好ましく無いレベルでの指摘が非常に難しいです。

当然こうあるべき、と言う点を指摘しても売主の判断により是正を断られる事も
少なくありません。

特に大手の売主は是正を拒否する傾向が強いですね。
「モデルルームの通りです」とか「これが弊社の意匠です」などで拒否されるケースが
ほとんどです。

そこを弊社スタッフの交渉で是正の方向で話しを進める訳ですがネックはお客様自身の
対応でも大きく異なってきます。
(厳しい(毅然な)態度での交渉が一番大切です)

大手売主の基準は指摘の是正が法律上問題であるか?が一つの基準になります。
大手の会社には「法務」と言う部署が必ず存在します。(顧問弁護士もいます)
法律上、是正しないといけない部分は是正しますが、それ以外の部分は拒否します。

あとは現場レベルの決済になりますが、コツは粘り強く交渉する事です。

内覧業者さんを選択する際は、このあたりの交渉ができる所が良いですね。
これから来年の春にかけて竣工ラッシュですからご検討中の方も多いと思います。
頑張られて下さい。

日時:2012年11月19日 11:06

« コンクリート面に適したエコカラットとはブログトップページへ窓フィルムの日射調整性能について »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム