スタッフブログ

内覧会同行検査のメリット

ネットでも話題の内覧会同行検査ですがサービスの内容は

会社により様々です。

他社様はさておき、弊社サービスのメリットについて書かせて頂きます。

戸建、マンションに関わらず竣工している物件の竣工検査は見える部分しか

検査する事ができません。

また、マンションのような集合住宅では専有部分のみの検査となります。

共用部分は区分所有者様全員の持ち物となる為、管理組合発足後

理事会を通しての「指摘」となります。

検査対象である専有部ですが仕上がっておりますので見えない部分の瑕疵は

判断する事ができません。

内容にもよりますが入居後、2年点検までの間に起きた重要な瑕疵部分については

担保される内容が別紙で案内されている「アフターサービス概要」に記載があると思います。

その見える部分での瑕疵を検査で指摘していきます。

「あれ?おかしい。」と思っても、その部分が瑕疵であるか瑕疵ではないか。

それともグレーな部分なのか?

素人である「ご契約者様」では中々判断が付きません。

当然ですが先方である売主や施工会社はプロですから簡単に言いくるめられてしまいます。

そう言った部分を補助する意味でも検査同行は有効かと思います。

瑕疵なのか、そうではないのか?若しくは瑕疵ではないが是正した方が良いのか?

現地でリアルタイムに協議が可能です。

検査員の主な検査内容は瑕疵があるか?もそうですが、「こうあるべき」

建築観点から検査を行います。

もちろん検査ツールを用いた精度の検査も行います。

指摘や是正と言った流れの中で適切なアドバイスも含め、ご契約者様の立場に立って

検査や売主(施工会社)へ指導も行って参ります。

これから内覧会を控えていらっしゃる「ご契約者様」は是非一度ご相談ください。

安心して、お引渡しを迎えられます様お手伝いをさせて頂きます。

検査同行を生業にされている会社様と弊社の大きな違いですが

主に他社様は「中立な立場で検査」と仰っています。

聞こえは良いですが誰が費用を負担しているのでしょうか?

弊社は中立では無く「ご契約者様」の立場に立って検査を行います。

弊社では不要なVOC検査は行いません。

集合住宅の場合は役所の検査が入りますので内覧会で検査しても

基準値以上の値がでる事はありません。

意味の無いパフォーマンス的な検査と言えます。

逆に弊社では施工会社の嫌がるオートレーザーによる各所の歪みを検査します。

これは施工会社に喧嘩を売るようなものなので

生業としている会社さんは行う事がほとんどありません。

生業=毎日のように出入りします。

あまり喧嘩を売るような検査や指摘は自分達の立場も危なくなります。

いわゆる「出禁」になると商売ができなくなります。

ですから、差しさわりの無い指摘を数か所して退散します。

「出来レース」です。

こんな検査になんの意味があるのでしょうか。

弊社は幸い生業ではありませんので、お客様の立場になって

どんどん怪しいところは指摘していきます。

これから控えている内覧会について不安のある方は是非一度ご相談ください。

内覧会同行検査サービス概要ページはコチラ

日時:2017年2月10日 08:53

« 既存の蛇口に付いてるけど浄水器って必要なの?ブログトップページへ内覧会同行検査リポート「プラウドタワー武蔵浦和レジデンス」 »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム