スタッフブログ

内覧会で行う事って何でしょうか?

内覧会って「お披露目会」や「お祝い」する場ではありません。

本来は買主さんが設計通りに仕上がっているか?確認(検査)する会です。

売主や施工会社が形式的に行っており買主には早く退散して貰いたい為

「お披露目会」と称して内見したら「さっさと」退散して欲しいんです。

また、最近では瑕疵の指摘をしますと通常では別途、確認会を設け

そこで指摘箇所是正の確認を行うのが通例でした。

しかし、現在は売主主導もあり、その確認会もできれば

やりたくないんですよ。

そこで登場したのが「当日是正」です。

実は「当日是正」以前からもありました。

軽微な「汚れ」などは買主さんが検査後に共用施設など見ているうちに

是正してしまい当日の「指摘」から抹消してしまいましょう。

と言うものです。

そうする事で建物全体の「指摘数」が下り売主も施工会社も

社内的に評価が上がる訳です。

しかし、「当日是正」で余り進まないもの。

汚れだけの指摘の場合は全て当日是正を行ってしまい、

当該買主さんの検査自体を1日で完工してしまい、確認会を無くして

しまおうと言うものです。

そうしますと確認会の来場者数が少なくなり準備も軽微になります。

原則、内覧会の指摘と是正が完了してしまえば後は引き渡しまで

入室する事ができなくなってしまいます。

忙しく時間も無く入室する必要の無い方は良いですが

一般的な方は家具の採寸など、もう一度くらいは入室したいですよね。

私たちも検査を行いますと仮に軽微な指摘しかなくても当日是正は

お断りしています。

次回の約束も大切ですが是正もキッチリ腰を据えて直して欲しいからです。

あと先日も某マンションで内覧会に行って参りましたが初の体験がありました。

何と、当日是正するので是正完了の同意を得られるまで外部の業者は入室を許可

しないとの事。

本当にビックリしました。

皆さん、内覧会が終わっても引き渡しまでは施工会社が鍵を持っており

法律的にも入室できちゃうんです。

なので引き渡し時に身に覚えのない傷や汚れがある事は普通の事です。

内覧会が終わったので今後の傷や汚れは全て買主の責任と言うのは無茶です。

何が不合理な事があった場合には、しっかりと対応して貰いましょう。

次回は内覧会における買主検査についてご説明します。

日時:2017年7月15日 10:10

« 内覧会同行検査リポート「ソライエ船橋塚田」ブログトップページへ内覧会の買主検査って何? »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム