スタッフブログ

家電量販でのエアコン工事例

先日、工事の監理でお客様のマンションへ訪れた際にお客様が手配された

某家電量販店よりエアコンの工事に職人さんが来ていました。

私は弊社工事の監理をしながら元々は私自身も空調機の職人でしたので

懐かしさもありエアコンの工事を見ていました。

昔では無かったのですが最近ではマンション用なんでしょうか、結構大き目の

容量のルームエアコンが発売されています。

また昔とは違い最近の新冷媒(ノンフロンガス)の場合は概ね冷媒管は2分3分と言う

銅管(保温付ペアチューブ)を使用します。

しかし6.3KW以上の大きな機器になりますと2分4分と言う太管側が一回り太くなります。

これにより職人には不都合が生まれます。

それは特に室内側の配管さばきで化粧カバーへ収めるようにしますとかなり急な角度で

パイプを曲げなければなりません。

通常、その場合にはベンダーと言う配管を曲げるにあたり補助する工具を使います。
(そんなに高価な道具ではありません、ごく一般的なものです)

話しを戻しますが現場で見ていた時には何故かベンダー(工具)を使いません。

話し掛けてみると持っていないようでした。

それにしても随分手の遅い職人だな?と振り返るとなんと下手な配管により配管自体を

潰してしまいペンチで直しているではないですか!!(しかも数か所)

これは全てやり直しだな?と思い見ていると何とインチキをし始めました。

本来は4分管で施工しないと駄目なのですが3分と言う細めのパイプで配管をして

スリーブ(穴)付近で異形のフレアナットユニオンと言う径を変える継手で繋いでしまいました。

これによりパイプ内の流速が変わるのでパワーダウンや異音がでる懸念が高くなりました。

非常に残念な光景を見てしまいました。

更に駄目押しで継手の部分は保温材で保温しないと水漏れ(結露)しますので保温が必須なのですが

面倒そうに布で覆い終わらせていました。

流石にこれは見過ごせず注意して保温はさせましたけど。

でもこれが現実なんですよね。

弊社やオプション会のように在庫を持たず売れた分だけを仕入れるショップでは

仕入れの価格が家電量販店と比べて大差がでるのです。

また用意している職人の質にもより工事費も高くなりがちです。

ですのでお客様は万単位(複数台購入では数十万)違うので駄目とは判っていても

家電量販店で購入してしまうのです。

ルームエアコン程度ですと見よう見まねで工事ができちゃうんですよね。

簡単に脱サラして開業ができちゃう工事のひとつでもあります。

現在の家電量販店事情を垣間見る一瞬でした。

日時:2015年1月15日 17:11

« シートフローリングでの失敗例ブログトップページへ内覧会同行検査リポート「クレヴィア南砂」 »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム