>  >  > 防犯抑制フィルム 防犯抑制フィルムの詳細

防犯抑制フィルムにはメリットとデメリットがある。

主にマンションよりも戸建住宅に良く採用されておりますが
メリットばかりではなくデメリットもございますので良く理解した上でご利用下さい。
表題の通り「防犯」ではなく抑制効果のある「防犯抑制」です。100%防犯できる訳ではございません。
これは統計によるものですが泥棒は犯行に使う時間を概ね5分間くらいとなっており
予めフィルムを貼る事で泥棒に時間がかかる旨を伝えます。(本人も理解しているはずです)

普通の飛散防止フィルムと比べ防犯抑制フィルムは薄いフィルムの積層版であり
より厚みもあり破られにくくなる構造です。
ではフィルムの厚みが増せば破られ難くなるのでしょうか??
実はそれだけではありません!!
フィルムの効果はフィルム自体の接着剤にあります。
この接着剤の効果により飛散効果が決まると言っても過言ではないと思います。
では何処のフィルム性能が良いのか??
すみません、公の場では明言を避けさせて頂きます。(メーカーさんも見てますので)

通常のフィルムと比べ製造上の問題で下記の様な懸念もございます。

  • 積層フィルムですので接着剤により色が黄変する事もございます。
  • 積層フィルムですのでフィルム自体に不純物が入っている事もございます。
  • 接着面の糊が強靭な為、施工時のダストが入ってしまい取れない事もございます。

窓フィルムも適材適所で行うのが望ましいと思いますので
ご検討中のお客様は是非一度ご相談下さい。

前のページへ戻る
  • トップメニュー
  • トップページ