>  > 不要なコーティング

お薦めできない不要なコーティング

コーティング施工の種類って非常に多く効果は別として何処でも施工が
できるようになっております。
弊社はコーティング施工の専業ではないので効果の高いコーティングのみを
ご案内しております。
専業ですと・・・そうも言えないのでしょう。。。


水回りコーティングなどの施工は厚い塗膜形成ではありません。

フローリングと違い他のコーティング施工は材料を塗布したあと綺麗なウエスで拭きあげます。
これは・・・コーティング剤に含まれる成分の結晶体が残り表面にザラつき感を出さない為です。
効果から言うと残しておきたいところですが評判が悪いので拭き上げる傾向になりました。
(どこの施工業者でも同じだと思います)
また機材が密着悪い為、塗膜を厚くすると簡単に剥がれますので拭き上げるようになります。
弊社の場合はフッ素と機材によりシリコンも使いますので多少効果は良いですが
クロスや扉などフッ素だけですと効果は・・・いくらもないと思います。
そもそも最近の水回りや建具等は汚れが付き難い加工を施してありますので
コーティング剤自体の密着も悪いので殆んど費用対効果は望めないんです。

扉やクロス(壁紙)のコーティングってどうなの??

弊社へのお問い合わせも多い案件ですが全く必要ありませんね。
多少の効果があったとしても費用と比べてはどうでしょう??
住戸内全ての施工で2〜3万円くらいだったら良いかもしれませんね。
効果は薄いですし壁紙は消耗品ですから10年〜15年で貼り替えが標準的ですから
そこに費用を掛けた方が賢い選択です。
また新築時に施工して壁紙が黄変したらどうでしょうか?
折角の2年点検での無償対応からも外れてしまいます。
あまり目に見えないコーティングに費用を使うより他の方面へ回しては如何でしょうか。

防カビコーティング??

この表現は曖昧なので弊社では使いませんが意味としてはコーティング剤自体に
防カビ材が入っておりコーティング剤自体からカビが生えませんと言う意味です。
お客様から頂く質問が絶えませんがコーティング剤の上に石鹸等の残りが付着していれば
それを栄養素にカビは生えてきます。
当然ですが浴室内に湿気が溜まればコーティング施工を施してもカビは繁殖します。
他のページでも書いておりますが過度な期待は禁物です。

  • トップメニュー
  • トップページ
  • コーティング専門メニュー
  • フロアコーティング