スタッフブログ

オプション会の施工と当店施工の違い(エコカラット編)

デベ主催のインテリアオプション販売会は、良質だけど高価と聞きます。

果たして本当なんでしょうか?

デベの斡旋なんで皆さんが勝手な想像で「良質」と認識しているだけです。

逆に当店のようなネット業者は「怪しい」と思われがちです。(笑)

では、デベの斡旋業者さんは誰の監理のもとで施工をしているのでしょうか。

実は、施工に関しては誰も監理していないのです。

厳重な管理は「お金」だけです。

皆さんも、ご存じの通り、概ねのオプション会は購入すると引き渡し前に

施工が完了しています。(一部のオプション会社さんは、引き渡し後もあります)

という事は、引き渡し前(ゼネコン管理中)に施工をしている訳です。

基本、昔と違い、ご契約者様(区分所有者)への引き渡し日(朝一番)に

建築施工会社(ゼネコン)から売主(事業主)へ名義が変更され引き渡しされます。

なので、ゼネコン管理中にオプション工事をしています。

これはこれで便利なんです。

引き渡し前なので朝、鍵はフルオープンになっています。

オプション業者(末端の取り纏め業者)1名が1階に長テーブルで陣取り、

各施工スタッフに指示を出します。
(概ねオプション会の注文書のコピーです)

注文を受けている部屋へ職人達が入り注文書を基に施工を行います。

もちろん養生はしてますよ。

でも、部屋には職人だけです。

監理?する人は誰も居ません。

一斉工事ですから沢山の部屋に入ります。

そんなに沢山の監理する人は居ません。

1人しか居ないので1階に陣とってます。

はい、部屋には行きません。

職人達も沢山施工するので激安価格で施工しています。

なので短時間に沢山の施工しないと儲かりません。

基本、オプション会の工事は特段お客様からの指示が無い限り、

「職人お任せ施工」となっています。

ですので、職人は早く完了するように施工をしています。

手抜きとは言いませんが仕上がり重視で施工は行っていません。

この「早く完了するような施工」に対して皆さんは「良質」と

思っているのです。

非常に残念です。

でも沢山の工事を決められた工期で仕上がるには仕方ないのです。

弊社のように1日1件の工事ですと監理する代理人も付きますので

綺麗に仕上がるように施工の指示ができるのです。

日時:2019年5月31日 15:51
オプション会の施工と当店施工の違い(エコカラット編) |ブログトップページへ

エコカラットをクロスの上から貼る

数件纏めて問い合わせを頂いたのでブログに書く事にしました。

どっかのツイッターで記事があったそうです。

エコカラットはクロスの上から貼ると相性が悪い場合に浮いてきて

剥がれ易いんだと。

そのツイート画像を見せて頂いたところ、全然接着剤が塗られてないですね。

恐らく推測するに良くあるケースですが接着剤をエコカラットに塗布してから

貼っているんでしょう。

エコカラットって焼き物のタイルですから少し微妙に反ってるんですよ。

だから薄く接着剤を塗ると壁には着いていないんです。

メーカーの説明書にもある通り、壁に接着剤を塗布しないと駄目なんですね。

しかも貼るエコカラットの素材によりクシ目の立て方も変えないと駄目です。

※目立てした接着剤にエコカラットを圧着して貼るのが通常です。

普通、専門の職人なら知ってる事ですけどね。

悪い意味だとエコカラット側に薄く塗る方が接着剤の使用量が凄く少なく

済むんですよ。(経費節約)

もっとも安く施工するには仕方ないんでしょうけど。

長く使うものですからね、しっかり接着した方が良いと思うんですけど。

皆さんは、どう考えますか?

日時:2019年3月25日 19:07
エコカラットをクロスの上から貼る |ブログトップページへ

エコカラットの「短辺役物タイル」とは

下記の写真を参考にお考えください。
今回の例ですがグラナスルドラを対象にご説明させて頂きます。
下記写真の左右サイドに乱貼り状の「耳」があるものが通常の施工に使用する
303シートタイプです。
通常一面(全面)に施工する際は壁の入隅部分でカットし収めます。
短辺役物タイルはこの「耳」が無く片側が綺麗にメーカーで加工してあるものを指します。
これらは例えば玄関などに施工する「ミラー」のサイドに短辺役物タイル(片側の平らな方)を
ミラー側へ貼りミラーの小口と綺麗に重なり合う為に使用します。
若しくはデザインパッケージプランのように4方向に壁紙残しでポイント貼りする場合にも
左右サイドへ短辺役物タイルを使用する事により収まりが綺麗になります。
しかし、短辺役物タイルは通常施工用の303タイプとは異なりメーカー出荷掛け率が
高くお客様への施工料金が高価になってしまいます。
幸い弊社では専門のタイル職人がエコカラットを施工しますので通常の303タイプを加工して収める為
価格が押さえられます。
但し、先般の通り短辺役物タイルと比べますと全く同じレベルとまではいきませんので
細かい「こだわり」のある方は短辺役物タイルの使用をお勧めいたします。
また、お客様による判断が難しい場合には弊社スタッフまで是非ご相談ください。
※下記写真をクリックしますと「拡大」されます。
eco-kakuhira.jpg
eco-koba1.jpg

日時:2014年7月 1日 12:53
エコカラットの「短辺役物タイル」とは |ブログトップページへ

エコカラットに適した施工面とは?

弊社ホームページの施工例写真をご覧頂くとお判りになると思いますが
エコカラットを施工する壁は1面で大きく取れる壁が適しています。
一般的な田の字間取りの場合は各居室の「戸境壁」です。
(戸境壁とは、隣の住戸に面した壁です)

一般的なRC造(鉄筋コンクリート)のマンションですと戸境壁はコンクリートです。
新築の場合は特にですが打ちたてのコンクリートは完全に硬化していないので
躯体から水分がでます。
その為、湿気がこもりやすいので戸境壁の施工が好ましいのです。

高層タワーマンションの場合も同様に施工面の大きく取れる戸境壁が
お薦めなのですが規約上の問題でオプション会では戸境壁の施工を
行っていないところも見受けられます。

これは管理規約上ダメと決まっているわけでは無いのです。(落とし穴です)

高層マンションの戸境壁で多い工法は「乾式耐火間仕切り」と言って
コンクリート躯体のような構造体壁ではなく通常の間仕切り壁に近い
造作壁なんです。

通常の間仕切り壁はLGS(軽鉄スタッド)を桟木にプラスターボードで
仕上げています。

乾式耐火間仕切りはこれにプラス、LGS×ボードの中に遮音できるグラスウールが
入っており遮音されています。
また通常のプラスターボードの上に更にモルタルの含まれている耐火ボードが
貼られています。(二重貼りです)

話しが長くなりましたが、この間仕切り壁(乾式耐火間仕切り)は戸境壁になりますので
専有部分になりますが共用部分にあたるのでエコカラットを施工できないと言っています。
(言っているのはオプション会社です)

でも弊社では施工を行っています。(店長の自宅も施工しています)

駄目な主な理由ですがリフォーム等でエコカラットを剥がす場合、強力な接着剤で
貼られている為、エコカラットと貼られいるボードも一緒に剥がれたり下地のボードが
壊れたりするからです。
この壊れた状態を「放置」すると管理規約違反になります。
(なのでオプション会では施工を行わないのです)

でも普通は壊れたままで放置なんてしないですよね?
リフォームなんですから剥がれたボードは一旦全部剥がして綺麗なボードを貼り
壁紙等を貼って仕上るはずです。(当たり前ですね)

・・・であれば何の問題もありません。
結論からすれば基通りにすれは何の問題もないと言う事です。

但し駄目なものは、この乾式耐火間仕切りの中にあるLGS(軽鉄スタッド)に
家具等の固定の為ビスを打ったりしてはいけません。
隣の住戸に接しているものなので物を直接固定などすると家具等の操作時における
振動や音が隣の住戸へ伝わりやすいからです。
これは管理規約違反になりますので十分ご注意ください。

話を戻しますがエコカラットを乾式耐火間仕切りへ施工するのは何の問題もありません。
オプション会では施工できないですが外部業者であれば施工ができるはずです。
諦めずに適切な壁へ施工してください。
もちろんですがミラーも貼って問題ありません。

不安な方は是非弊社へ一度ご相談下さい。


日時:2013年2月14日 12:39
エコカラットに適した施工面とは? |ブログトップページへ

エコカラット施工は壁紙の上から施工します!

良くあるお問合わせ内容です。
「エコカラットは壁紙を剥がしてから施工しますか?」

まず結果ですが、基本的に壁紙は剥がさず上から施工します。
(ボード壁の場合)
ボード壁の場合は壁紙の上から数か所ステンレス製のタッカーを
打ってから専用接着剤を塗布します。(メーカー推奨方法)

一番良い施工方法は壁紙を貼らずにボード剥き出しが最良です。
ですが分譲マンションでは無理な話ですね。

主な理由は壁紙にあります。
壁紙は貼る時は1枚ですが剥がす時は表紙のみ剥がれ下紙は壁へ残ります。
この下紙が厄介です。
下紙の上に専用接着剤を塗布しますと下紙がふやけてしまい接着能力が
下り後にエコカラットが浮いてくる懸念があります。
その為、壁紙は剥がさず上から施工します。

最近の壁紙はビニールクロスなので上からの方が接着力は高いのです。

コンクリート等の躯体壁の場合は壁紙の継ぎ目(縦方向)のみ剥がします。
またコンクリート壁の場合は壁紙を貼る為に面を整える事から表面のみ
モルタルで左官屋さんが仕上げています。
この為大きな地震等でクラック(ヒビ)が入る事があります。
また躯体自体にもコンクリートの打設の際に起こる断層からクラックが
入る事もあります。
その際にビニールクロスが無いと躯体から出る灰汁がエコカラットの表面に
でる事を抑えます。

そんな理由からエコカラットは壁紙を剥がさずに施工をいたします。

日時:2013年1月18日 17:02
エコカラット施工は壁紙の上から施工します! |ブログトップページへ

コンクリート面に適したエコカラットとは

エコカラットを貼る壁には概ね2種類の壁が存在します。

一つはボード壁です。(造作壁ともいいます)
軸組みしたところへプラスターボード(石工ボード)を貼ってクロスで
仕上げた壁です。

もう一つはコンクリート(躯体)壁です。
荒打ちしたコンクリート壁のままではクロス(壁紙)が貼れないので
(表面が凸凹しているからです)
表面に薄くモルタルを左官屋さんの職人が金コテで仕上ます。
ココがポイントです。
職人さんの手作業によるものですので不陸(歪み)があります。
壁紙程度ですと殆んど分かりませんがエコカラットのように硬く
平らなタイルを貼ると不陸(歪み)があるとタイル同士の面(高さ)が
合わなくなります。(酷い場合はです)

特に影響を受けやすいエコカラットはクォーツストーンやリブストーンの
「345」と呼ばれる長方形のものです。
1枚の大きさが大きいほど影響を受け突きつけた部分が合わなくなります。

推奨するエコカラットはモザイク系などの粒の小さなエコカラットです。
粒の小さなものであれば不陸があっても馴染みますので影響を受けにくく
綺麗に仕上ります。

ご検討中のお客様は是非ご相談下さい。

日時:2012年10月28日 18:41
コンクリート面に適したエコカラットとは |ブログトップページへ

グラナスルドラの役物タイルです

マンションの柱型って大きいのでエコカラットを貼ってデザインする
お客様が増えています。

その柱型を綺麗に収めるコツは出隅部分の収まりです。
グラナスルドラやプレシャスモザイク系などはメーカーより
90度の曲がり役物を用意しています。

写真はグラナスルドラの曲がり役物を出隅部分に貼ったものです。
この出隅部分の役物から貼り始めます。(片押し)

すると綺麗に仕上ります。

IMG_5123.JPG

IMG_5130.JPG

日時:2012年10月 8日 17:02
グラナスルドラの役物タイルです |ブログトップページへ

エコカラット用コルクモール

お客様より良く頂くご質問なのですが
エコカラットを貼ると壁には画鋲などが打てなくなりますか?と聞かれます。
答えは、その通りです。
IMG_5045.JPG
大きな絵などを掛ける場合にはピクチャーレールをお薦めしていますが
小さなメモ紙程度でしたらを施工する事で画鋲が打てるようになります。
(コンクリート面の場合はコルクモールの厚み分しか打てません)

写真のコルクコールは151.5×303ミリサイズです。

日時:2012年7月28日 15:21
エコカラット用コルクモール |ブログトップページへ
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム
  • オーダー家具
  • エコカラット
  • カーテン関連
  • バルコニータイル
  • フロアコーティング
  • 窓フィルム
  • 内覧会
  • 連絡事項
  • 最近のご質問等
  • アウトレット
  • ホームページ関連