スタッフブログ

エコカラットをクロスの上から貼る

数件纏めて問い合わせを頂いたのでブログに書く事にしました。

どっかのツイッターで記事があったそうです。

エコカラットはクロスの上から貼ると相性が悪い場合に浮いてきて

剥がれ易いんだと。

そのツイート画像を見せて頂いたところ、全然接着剤が塗られてないですね。

恐らく推測するに良くあるケースですが接着剤をエコカラットに塗布してから

貼っているんでしょう。

エコカラットって焼き物のタイルですから少し微妙に反ってるんですよ。

だから薄く接着剤を塗ると壁には着いていないんです。

メーカーの説明書にもある通り、壁に接着剤を塗布しないと駄目なんですね。

しかも貼るエコカラットの素材によりクシ目の立て方も変えないと駄目です。

※目立てした接着剤にエコカラットを圧着して貼るのが通常です。

普通、専門の職人なら知ってる事ですけどね。

悪い意味だとエコカラット側に薄く塗る方が接着剤の使用量が凄く少なく

済むんですよ。(経費節約)

もっとも安く施工するには仕方ないんでしょうけど。

長く使うものですからね、しっかり接着した方が良いと思うんですけど。

皆さんは、どう考えますか?

日時:2019年3月25日 19:07

« 内覧会同行検査リポート「ウエリス世田谷砧」ブログトップページへ内覧会同行検査における検査員(インスペクター)について »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム