スタッフブログ

エコカラット施工は壁紙の上から施工します!

良くあるお問合わせ内容です。
「エコカラットは壁紙を剥がしてから施工しますか?」

まず結果ですが、基本的に壁紙は剥がさず上から施工します。
(ボード壁の場合)
ボード壁の場合は壁紙の上から数か所ステンレス製のタッカーを
打ってから専用接着剤を塗布します。(メーカー推奨方法)

一番良い施工方法は壁紙を貼らずにボード剥き出しが最良です。
ですが分譲マンションでは無理な話ですね。

主な理由は壁紙にあります。
壁紙は貼る時は1枚ですが剥がす時は表紙のみ剥がれ下紙は壁へ残ります。
この下紙が厄介です。
下紙の上に専用接着剤を塗布しますと下紙がふやけてしまい接着能力が
下り後にエコカラットが浮いてくる懸念があります。
その為、壁紙は剥がさず上から施工します。

最近の壁紙はビニールクロスなので上からの方が接着力は高いのです。

コンクリート等の躯体壁の場合は壁紙の継ぎ目(縦方向)のみ剥がします。
またコンクリート壁の場合は壁紙を貼る為に面を整える事から表面のみ
モルタルで左官屋さんが仕上げています。
この為大きな地震等でクラック(ヒビ)が入る事があります。
また躯体自体にもコンクリートの打設の際に起こる断層からクラックが
入る事もあります。
その際にビニールクロスが無いと躯体から出る灰汁がエコカラットの表面に
でる事を抑えます。

そんな理由からエコカラットは壁紙を剥がさずに施工をいたします。

※2019年11月加筆

ここ最近、一部のマンションで撥水加工している
壁紙(クロス)が採用されています。
汚れや染みの付き難い加工のようです。
その為、エコカラットを貼る際に塗布する「接着剤」が付き難くなる現象が懸念される為、
現地確認の上で壁紙の「上紙」を剥がして「下紙」の上から施工させて頂く場合があります。
一般的な壁紙は従来通り、壁紙の上から施工をいたします。

日時:2013年1月18日 17:02

« 食器棚に使用するキッチン合わせの面材情報についてブログトップページへエコカラットに適した施工面とは? »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム