スタッフブログ

オーダーミラーの欠き込み製作施工について

最近オプション会で案内しているせいか問い合わせが多いので

ブログでも説明をさせて頂きます。

オーダーミラー(以下ミラー)の製作施工ですが弊社ではスイッチやコンセント部分は、

欠き込み加工(スイッチやコンセント部分をくり抜く)を推奨しておりません。
(製作自体は問題無くできます)

主な理由ですが、将来に渡り加工した部分が非常に割れやすくなります。

良く見るのはアパレル店などでは柱などに貼ったミラーがコンセントや

スイッチの部分を欠き込んで全面にミラーを貼っていると思います。

これパッと見、カッコイイですが良く見るとプレートの内側が少し見えて(反射して)

微妙な時もあります。(それはさておいて)

問題は、ミラー(ガラス素材)は加工した部分に荷重が掛かると割れやすいです。

特に四隅以外に「くり抜いた」部分は弱いんです。

なので施工する際は取付物(電気器具等)が直接ミラーに接触しないように気を付けます。
(絶縁します)

それでも割れる時は割れます。

実際に施工途中で割れる時もあります。

当然ですがガラスや陶器は割れ物ですから保証がありません。

引き渡し後に割れた場合には実費(費用は全てお客様負担)にて是正するようになります。

まず、ミラーですが簡単に剥がれては危険なので頑丈に貼り付けていますので

剥がす際は、ミラーを割ったり、状況によりワイヤーを裏に回して剥がす事になりますが

通常は、下地の石膏ボードにもダメージが及びますのでコチラも是正の対象となるケースがあります。

どうですか?費用も結構掛かりますが面倒ですよね。

上記の事から弊社ではミラーの「くり抜き」加工は推奨しておりません。

製作施工は可能ですが検討中の方は是非一度ご相談ください。

宜しくお願い致します。

日時:2018年7月23日 14:08

« 内覧会同行検査リポート「リビオ越谷蒲生ステーションプレミア」ブログトップページへ多摩市、新築オフィスビル工事中の火災事故 | 2018年7月26日 »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム