スタッフブログ

浄水器と活水器の違い?

お客様からの問い合わせもありますし、

内覧会検査でも指摘があったので纏めてみました。

簡単に言うと浄水器は水道水を通す事で不純物を取り除く効果が得られます。

もちろん機器のグレードにより除去できる成分が大きく異なります。

簡易的なものはカルキ臭と言って水道水に含まれる残留塩素の臭気を

取り除くもの。

若しくは錆びやゴミなど。

高価なものになると水に溶解したものも除去できます。
(鉛や細菌など)

体内に入れるものなので個人的には良いものをお勧めいたします。

活水器とは、フィルター等を通さないので浄化は行いません。

主に、水の分子を細かくさせるものです。

そうする事で水分の吸収を良くさせたりする事ができます。

パンを作ると発酵具合が良くなったり良く膨らんだりもします。

生け花にあげると良く育ったり、枯れにくくなったりもします。

欲を言うと浄水した水を活水する事で、とても良い水になります。

以前、内覧会でゼネコンの説明が悪くトラブルになった件がありました。

各住戸のメーターボックスに浄水器が付いているので、

蛇口より浄水された水が使えますと。

先にも書いた通り、浄水器では水道水の残留塩素を取り除く機能があります。

でも、法律では蛇口までは残留塩素が含まれて無ければいけません。

なのにメーターボックスにあると言う事は蛇口まで残留塩素がありません。

これは浄水器ではなく活水器ではありませんか?と聞くと

活水器ではなく浄水器なのですが法律に触れない程度の塩素が残留しているので

問題が無いとの事。

なんか中途半端な浄水器に思えました。

なら、そんなもの付けずに、ちゃんとした浄水器をキッチンに備えれば

ご契約者様は、もっと喜ぶと思うんですよね。

恐らく機器メーカーからの安い斡旋で備え付けたんだと思います。

いつになったら客目線の物件が建つのか?

情けないです。

日時:2019年6月14日 13:38

« オプション会の施工と当店施工の違い(エコカラット編)ブログトップページへ内覧会同行検査リポート「ザ・ガーデンズ東京王子 エアリーコート②」 »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム