スタッフブログ

建築オプション「キッチン設備のグレードアップ」編

建築オプションで良くあるケースで機器のグレードアップ。

この「からくり」で良く質問を頂きます。

何故?グレードアップだけなのに、まるっと新規の価格のような

高額で提示されるのか?

何故?差額だけで済まないのか?

これには建築の「からくり」があるためです。

分譲マンションの建築、販売の経緯にあります。

マンションの用地を購入して建築図面を書きます。

その後、建築会社を選定し工事開始となります。

早ければ、この段階でマンションギャラリーを開設して

販売開始となります。

遅いと、建築途中からの販売となりますので

通常、建築オプションは、ありません。

話しを戻します。

建築開始とともに販売開始となります。

建築も開始と同時に施工に関わる発注を行います。

もちろん発注前の見積もり段階で最安値になるように

各材料も見積もりを積算しています。

戸建てと違い、マンションは戸数に応じてボリュームメリットがあります。

数が沢山ありますので、1個よりも数百個ある方が値引きが入り安価になります。

はい、工事開始と共に発注を行います。

仮に建築途中で発注したとしても事前見積もりがありますので

内容は変わらずで価格も据え置きです。

ここで数量や内容が変わってしまうと見積もり金額も変わってしまうからです。

品番と個数で見積もりが決まっているのです。

ここから建築オプションです。

キッチン設備機器であるコンロや食洗機がありますが

建築オプションでグレードアップができる時があります。

建前上、金額は「差額」とありますが、ほとんど新規の価格に近いです。

実際には新規の価格だと思います。

理由は前項に書いた通りです。

仮にグレードアップ機器に変更したとしても最初の既定機種の

建築見積に変更はありません。

単純にグレードアップの機器を1個新規に納入するだけです。

だから「差額」のような安価になりません。

なら、既定の機種を手元に欲しいと言っても貰える事はありません。
(恐らく建前上、差額と謳っているので)

でも、微妙に後付けオプションよりも建築オプションの安い理由は、工事費にあります。

例えば、食洗機などは工事費以外にも建築オプションにメリットがあります。

建築中に設置する場合には本来あるべきキャビネット(45センチ幅のもの)が無く

工事費もキッチン工事費に含まれているため、余分に掛かりません。

後付けオプションの場合には元々ある45センチ幅のキャビネットを撤去する手間があります。

そこに入替の工事費も新たに発生します。

こう言った理由から建築オプションの方が安価な訳です。

コンロならグレードアップは、引き渡し後に行い、元々設置してあるコンロは

未使用なので自分で売ってしまえば新しい機器に充当できますから良いと思います。

マンション事業主が中々言わない「からくり」があるのです。

日時:2022年2月27日 17:13

« エコカラット・アレルピュアの機能性についてブログトップページへ
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム