スタッフブログ

マンションオプション会のガラスフィルム、遮熱効果の是非

ここに来て再度、遮熱効果のあるガラスフィルムを希望される方が増えてきましたので
詳しく解説させて頂きます。

まず、弊社顧客の大半はデベ主催のオプション会を参加された方が多いです。
オプション会とは便宜上、デベの主催と記載がありますが大手売主の場合、
グループ会社主催で実働は下請けのインテリア会社だったりします。
(実際にグループ会社が主催して、その下に各商材の販売会社が居る事もあります)
また、大手売主の場合、専属コーディネーターと称し個人事業者の外注スタッフを
利用する事も少なくありません。

何が言いたいかと申しますと弊社のように何が売れても売り上げになる事は無いと言う事です。
ガラスフィルムの販売会社は家具やエコカラットが売れても売り上げにはなりません。
フィルムが売れて初めて売上になるのです。
と言う事は安い単価のフィルムよりも高価なフィルムを売った方が売上に貢献できる訳です。
外注コーディネーターさんは概ね日当と言う概念がありません。
売上の5%程度がフィー(報酬)となります。
だから安価なものよりも高価な方が割に合うのです。

何れも費用対効果やバランスよりも売り上げ重視の「お勧め商品」なのです。
皆さんも、お気を付けください。
デベ主催は「安心」は、もう都市伝説なのです。

前置きが長くなりましたが、
ガラスフィルム、それなりに歴史があります。
(装飾フィルムは、とりあえず省き透明フィルムに限定して説明します)
ガラスフィルムの機能性として主だったものは「飛散防止」です。
学校を始め役所関係や店舗を含む事業所など不特定多数の人が活動するところです。
何かのキッカケでガラスが割れた際に怪我をしないようにフィルムを貼る事で
ガラスの飛散を防止する機能です。

他には飛散防止以外にも遮熱効果と言って商業施設や農業にも採用されています。
大きなガラス貼りのショールームなど、日射により空調が効きにくくなったり
農業では作物を育てるにあたり日射を抑える必要性が出る事があります。
これが日射調整用遮熱フィルムです。

これらの機能を集合住宅の窓ガラスに応用しているものを
オプション会で販売しています。

弊社で推奨しているフィルムは一番ベーシックな
紫外線(UV)カット飛散防止フィルムです。
透明なフィルムで熱割れの心配の無いフィルムで表面にはハードコート加工が
施されており傷が付き難くなっています。
こちらのフィルムが集合住宅に適しているガラスフィルムになります。
(施設用は定期的な貼り換えが前提の為、ハードコート加工が施されていないケースがあります)
また、接着剤が変色しにくい国産の住友3m製品を指定しています。
(一部海外生産品で黄変するものもあります)

本題の遮熱効果のあるフィルムについて、
遮熱するガラスフィルムには複数種類が存在します。
大きく分けて「施設用」「集合を含む住宅用」です。

施設用は、遮熱効果をメインに置き遮熱効果の高いものが多いです。
(分かりやすく端的に書きます)

施設用のメリット→遮熱効果が高い

施設用のデメリット→効果が高い分、フィルムに蒸着している金属皮膜が多く
          暗くなったり、太陽光でギラついたり、
          熱割れ現象によりガラスが割れたりする懸念が多く、
          フィルムの表面に傷が付きやすいのが特徴です。

集合住宅用のメリット→管理規約に違反しない(太陽光でギラつきにくい、暗くならない)
           フィルム表面にハードコート加工してあり傷が付き難い。
           金属蒸着皮膜が少ないので熱割れ現象が起きにくい。

集合住宅用のデメリット→高価なのに遮熱効果が、ほとんど無い。
            効果を上げる為の金属蒸着皮膜を沢山入れると
            暗くなるし太陽光でギラつくので規約違反になってしまう。
            そしてガラスが熱割れしやすくなるので一般の人には
            使用するリスクが高くなります。

日本語が非常に難しいところなんです。
遮熱効果があると言っても10の内、1しか効果がなくても
効果がありますので詐欺に匹敵しないのです。
あたかも効果が10あるような説明ですが入居時には貼られているので
効果を実感する事が無いのです。
だからクレームが起きないのです。
これが安心と仰るオプション会の実態です。
高価で効果の、ほとんど無い商品を勧めるのです。

※弊社でも建物の状況や予算状況により勧める場合も稀にあります。
 例えば、高層のタワーマンションで角部屋、ほとんど床からガラス貼り、
 備え付けの空調機で容量が少なく冷房効果が得られない場合。
 効果が薄くても多少の恩恵が得られれば良いと仰る場合に貼る事もあります。
 一般的な構造のマンションでは勧める事はありません。

ご検討中の方は是非ご相談ください。


日時:2021年6月 1日 17:55

« 野村不動産プラウド物件の床快full(ゆかいふる)とはブログトップページへ
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム