スタッフブログ

内覧会同行検査における検査員(インスペクター)について

弊社でも行っている内覧会同行検査。

弊社は検査が生業ではありませんが、これをメインで生業として仕事をしている

会社もあります。

全てではありませんが生業でされている会社さんの中におられる

「中立の立場」で検査します。と宣言している会社が見受けられます。

この中立の立場とは、弊社なりの解釈ですが検査する建物の売主(事業主)と、

買主(ご契約者)の、どちらにも加担しない中立と言う意味と思っています。

なので、検査のルールに従い瑕疵部分だけを指摘するスタイルだと思います。

マンションの内覧会と言えば建物の竣工間際ですから殆ど仕上がっています。

その中で検査すると言えば専有部(住戸内)の仕上げ部分になります。
(構造体や仕上げ材で隠れている部分は検査ができません)

その仕上げ部分の検査で100%の瑕疵部分と言えば代表的なところで言うと

傷や汚れとなるでしょう。

実は、そんなところは素人である、ご契約者様でもチェックはできます。

もちろん指摘したところで売主(施工会社)は確実に是正もしてくれます。

問題は、傷や汚れ以外の瑕疵部分や瑕疵ではないが修繕(是正)して欲しい

部分の指摘です。

前項である傷や汚れ以外の瑕疵部分ですが、これは専門の検査員の方が

指摘もしやすいメリットがあります。

後者にあたる瑕疵では無いが今時のマンションで「それは無いでしょう」と言う

仕上り部分です。

これは瑕疵ではなく多くは「仕様」と呼ばれる部分です。

モデルルームで再現はしており仕様であるがために指摘をしても瑕疵ではないので

是正はして貰えないと言う事になります。

上記の流れに沿った中立な立場で検査をすると言う事は100%の瑕疵部分以外は

指摘を行わないのが中立な立場の検査になります。

私の個人的な感情論になりますが、中立な立場での検査ですと「交渉」と言うものが

無いので検査自体は非常に「楽」になります。(売主と口論にもなりませんので)

また、検査会社としても売主から嫌がられません。(出入り禁止にもなりません)

では、検査を依頼した「ご契約者様」にとっては有意義な検査になったと言えますでしょうか?

弊社は検査が生業ではありませんが、もともと設備工事会社だっと言う事もあり

建築現場には多く出入りしており現場上がりの会社なんです。

お客様からの希望も多かった事から2008年くらいから検査を始めるようになりました。

でも、お客様からの要望で始めましたので中立な立場ではなく「買主様の立場」で

検査を行っています。

当然、検査費用も買主様から頂いてますので普通に自然な事だと思ってました。

なので、100%の瑕疵はもちろんの事、瑕疵ではなく仕様の部分でも

扱いが酷いところは指摘をして売主(施工会社)へ指導したり交渉を行い

買主様にとって住みやすい住空間にする事が、より良い事だと思って検査を行っています。

なので全てがスムーズに運ばない事も沢山あります。

仕様部分の指摘については、基本、是正はして頂けません。

そこを交渉や指導により是正して頂けるようになったりする事もあります。

そう言った事もあり中立で検査をするよりも時間を要したり、疲労もありますね。

でも、これこそが本当の意味の検査では無いかと思います。

また、生業で行ってますと検査の件数も多いので淡々粛々と交渉なんてせずに

終わらせますね。

そんなに交渉ばっかりしていたら売主から出禁になってしまうかもしれないですから。

また、大手の売主マンションになりますと相当数の検査を行いますから

担当者同士で仲良くなり手抜きの検査になるケースもあります。

ですから有名ところの会社も困りますね。

今回は検査において「中立な立場」と「買主様の立場」どちらの検査にメリットがあるか?

を説明してみました。

皆さんは、どちらが宜しいですか?

日時:2019年4月 9日 16:35

« エコカラットをクロスの上から貼るブログトップページへ内覧会同行検査リポート「ザ・ガーデンズ東京王子 エアリーコート①」 »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム