スタッフブログ

内覧会同行検査って、何処の会社でも同じ内容なの?

表題の件ですが、稀にお客様と論議になりますのでブログに書いてみました。

まず、冒頭にある「検査」と付きますので本来であれば「傷」や「汚れ」の

チェックでは無いですよね。

最近では、無料同行と称してインテリア商品販売をしているネットショップを

良く見かけますし、お客様からも質問されます。

まず、大きく分けて主に無料同行とされているのは、お客様と一緒に「傷」や「汚れ」を

探す、「お手伝い」をしますよ。と言うものでしょう。

もっとも無料なので、それでも助かると仰る方も居るでしょう。

弊社の同行検査は逆に「傷」や「汚れ」は「ついで」に見るレベルです。

主に、それ以外の建築的な要素で検査を行います。(傷や汚れを見る時間が無いのです)

・突貫でいいかげんな施工はしていないか?

・順序通りに施工が、なされているか?

・適切な素材が使用されているか?

・垂直・水平・正確な矩割が施工できているか?
 (オートレーザーや水準器、を用いた検査)
 建具や床材のレベル検査

・給排水施工は漏れなく施工がなされているか?
 (通水・排水検査)※漏水チェック

・施工会社の自主検査、売主の事業主検査はキッチリ指摘是正がなされているか?
 (検査表の閲覧、現地是正の確認)

・点検口内のチェック、配管や配線が適切に施工されているか?
 (異臭はしないか?)

・床暖房システムは機能しているか?
 (床下マットの入れ替えが困難な為)

・二重床において、間仕切り先行施工の場合、遮音等級が落ちるような
 施工はしていないか?
 (ヒレ無し木製巾木の場合に床に接触していないか?)

また、現地でお客様が「おかしい?」と疑問に思った事に適切にアドバイスを行い
施工会社(売主)に指摘を行います。

弊社、通常版の検査の場合には検査後の確認会にも同行し、
しっかり是正されているか?を確認いたします。

上記の通り、簡単な「お手伝い」ではなく「検査」を行います。


■今度は無料のお手伝いとは真逆の「専門業者」さんの場合■

では、無料のお手伝いではなく生業としている専門の業者さんは

どうなんでしょうか?

「内覧会同行検査」で検索すると沢山の専門業者さんがヒットします。

1級建築士・1級施工管理技士など偉い人が常駐しているようです。

そんな偉い人が専門で同行検査?

大きな建築の設計など、ほんの一部の優れた建築士さんしか

できないんですよ。

ほとんどの建築士さんは別の仕事をしたりして生活しています。

まー、それはさておき、専門で検査している訳ですから毎日検査ですよね?

また、大手デベロッパーのマンションや大規模マンションなどは、

こちらも、ほぼ毎日、検査をしている事でしょう。

毎日、同じ人(マンションデベロッパー)と会っていると仲良しになりますね。

また、あまり厳しい検査や指摘もできなくなります。(馴れ合いになります)

かと言って何もしない訳にも行かないので差しさわりの無いところを

指摘していきます。(出来レースです)

それじゃ顧客も納得しないので大きさ機材を用意してVOC検査をしたりもします。
(VOC=ホルムアルデヒドなどの空気中の有害物質)

弊社では逆に行いません。

戸建なら別ですが、集合住宅の場合には役所の検査が入りますので

特に大手の大きなマンションでは検査しても無駄です。

デベロッパーも演出なので怒りもしません。

よっぽど、弊社が持ち込む「オートレーザー」の方が気分を害す事でしょう。
(オートレーザー=水平垂直を光線ラインで表示させる機器)

要は毎日出入りするなら顧客よりもデベロッパーを大切にしないと

商売ができないと言う訳です。

弊社でも、お客様に良く明言します。

検査費用が無いなら友達で小さな工務店でも良いので監督経験のある人に

頼んでください。

専門業者よりも良い仕事をすると思いますよ。

何も一からマンションを建築する訳ではありません。

仕上がった一部を検査するだけです。

建築を一通り知っている人であれば問題ありません。

専門業者さんほど無駄なものはありません。


「お手伝い」「専門業者」両者とも共通して言える事は、1日作業と言う事です。
(ほとんどの業者さんが1日作業です)

指摘はしますが、検査当日に指摘箇所は「全て」「必ず」「是正します」とは

絶対に施工会社(売主)は、言いません。(曖昧な表現をします)

そして後日、確認会で、こう告げる事があります。

「社内で検討した結果、一部の指摘箇所は是正しない事になりました」

確認会には検査員が同行していないので顧客は反論ができない訳です。

概ね、泣き寝入りになるケースです。(施工会社や売主の作戦勝ちです)

だからこそ、確認会にも同行するべきなんです。
(大きな瑕疵が無ければ良いですけどね)

長文になりましたが本音の一部なんですよね。(全てを書ききれません)

ご来社頂ければ詳しく説明させて頂きます。

ご不明な点は、お気軽にお尋ねください。

※検査は弊社及び、売主や施工会社へ検査準備リクエストを行いますので
 内覧会日まで相当日数がある場合にのみ、お請けしております。
 ご依頼予定の方は、お早目にご相談ください。

日時:2019年11月29日 14:46

« 食器棚のキャビネット(箱本体)色についてブログトップページへ既存キッチンに合わせた食器棚製作って外注できるの? »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム