スタッフブログ

野村不動産プラウド物件の床快full(ゆかいふる)とは

弊社顧客の物件にて採用されていた床快full(ゆかいふる)と言う
空調システムとは、どのようなものなんでしょうか。
直接内覧会検査で訪れ施工会社や売主の担当者へ確認してみました。

先に結果から申しますと電気コストはやや高価になるものの
非常に快適な空調システムである事は間違いないようです。

冷暖房共、各居室の床にあるダクトから緩やかな風で送られます。
各居室には機器が存在しない為、稼働音も無く静かですね。
また、暖房時には床から温まるので非常に効率も良いです。
(暖気は下から上へ逃げて行きます)
基本設計は24時間稼働のようですので四季を通じて壁・天井・床が
最適温度になっており常に快適になるようになっています。

床快full(ゆかいふる)とは、冷暖房機器であるエアコンと
熱交換形換気機器を両用したシステムになっているようです。

冷暖房機器であるエアコンには親機となる室内機が存在し
物件や部屋タイプによると思いますが2基あり廊下やLDに
存在していました。
室内機は基本、吸気の役割を果たし、排気はダクトを通り
床下に流れる仕組みです。
ここで分かるように室内機のある空間の空気を吸入して
熱交換を行い出力される空気はダクトを通じて床下に流れ
全室に行きわたります。
もっと細分化しますと冷房の場合、室内機のある空間の空気を吸いますから
その空間の湿気を吸いまして冷気は全室へ流れます。
いわゆる、室内機の無い居室の空気は吸わないので
通常のエアコンのように除湿がされません。
(昔のクーラーってものですね)
でも100%ではありません。
各居室のドア下には「アンダーカット」と言って24時間換気に
対応するように少し空いています。
そこから若干は空気を吸えるようになっています。
(法定ギリギリの数字かと思います)
お勧めは寝室だけでも通常のエアコンは据付たいですね。(冷房のみ稼働)

あと、水場であるトイレや洗面室、ユニットバスには
熱交換形換気機器が据付されていると思います。(通称ロスナイと呼ばれるもの)
ちょっと高価な換気扇と思って頂いて結構です。
通常の換気扇とは異なり換気はしますが室内の熱を外へ
放出し難い機構が備わっています。
俗にいう高級物件仕様ですね。

弊社の内覧会同行検査では、このようなシステムの検査を含め、
屋外のガラリ付近でのショートサーキットが起きていないか?の
チェックも行っています。
気になる方は是非ご相談ください。

日時:2021年4月26日 17:55

« 内覧会同行検査リポート「プレミスト船橋塚田」ブログトップページへ
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム