スタッフブログ

食器棚のキャビネット(箱本体)色について

最近良く質問があるのでブログに書いてみました。

弊社のオーダーメイド食器棚はオプション会でも販売している

既存のキッチン合わせの食器棚です。

主にキッチンの扉や手掛け金物を同様のもので製作する食器棚です。
(ご要望に応じてカウンター素材も合わせます)

通常はオプション会でも扉以外の部分は「ホワイト」が定番です。

キッチンも「ホワイト」のキャビネットを多く採用しています。

ですが、キッチンメーカーさんによっては「ホワイト」ではなく、

ダークブラウン(濃茶)系のキャビネットを採用しているケースもあります。

この箱本体も色合わせで食器棚を製作と仰るケースがあります。

通常、扉面材や手掛け金物は物件コーディネートやキッチンメーカーさんの

都合もあり「一般品」を使用しています。

※一般に販売されているもの。

それ以外の箱本体はキッチンメーカーさんの「オリジナル品」になりますので

厳密には同じ色のもので製作する事ができません。

※野村のプラウドにある既製品食器棚「ラクモア」はキッチンメーカーさんの

 キャビネットになりますので同じ色になると思います。

話しを戻しますが濃茶系のキャビネットで製作する場合には、

キッチンと「同じ」ではなく「近似色」となります。

弊社では単色バリエーションの一番多い、アイカ工業さんのポリエステル合板を

使用して製作します。

この「近似色」ですが個人の感覚になりますので個人差が「かなり」あります。

弊社には近似色のサンプル板を数枚ご用意しておりますので、ご来社頂ければ

ご覧頂けます。

ですがキッチンの素材サンプルがありませんので、お客様にご用意頂くか、

売主さんに請求してサンプルを頂いてください。(弊社サンプルとの比較の為)

通常、扉内部にはポリエステル合板ではなく「カラー合板」を弊社は使用しています。

主な理由は扉で密閉されますので内部に「匂い」が残留しないように

臭気の少ない「カラー合板」を使用しています。

上記の関係から推奨は、内部は弊社指定色の茶系カラー合板を使用して

見え掛かりである外見はアイカ製ポリ合板を使用すると言うイメージです。

何れも標準仕様からの有償グレードアップとなります。

ご希望の方は弊社スタッフまで、ご相談ください。
日時:2019年11月19日 15:31

« メールや、お電話での、お打ち合わせについてブログトップページへ内覧会同行検査って、何処の会社でも同じ内容なの? »
  • トップメニュー
  • トップページ
  • カテゴリ
  • ブログホーム